入院のご案内

当院では、職域を超えて全てのスタッフが患者さまのお悩みを真摯に受け止め、
笑顔で安心して入院生活を送っていただける病棟づくりを目指しています。

  • 患者さまが気持ちよく治療、療養、リハビリテーションに専念できるように病室や諸設備を常に清潔、快適に保ちます。
  • 定期的に医療安全の問題点を検討し、安全な環境づくり(転倒防止、事故予防、連携ミス防止など)を目指します。
  • 管理栄養士、医師、看護師、言語聴覚士による総合的な摂取機能評価と栄養状態評価にもとづき、病状にあった食事を提供します。
  • 周辺医療機関とも連携して院内感染の予防に努めます。
  • 患者さまの個人情報やプライバシーの保護を徹底します。
入院のご案内(PDF)

地域包括ケア病棟

病気やけがによる急性期治療後、
すぐにご自宅や施設で療養するには
不安がある方々、
またはすでにご自宅や施設で療養中の方々に効率的な医療、
看護、リハビリテーションを提供し、在宅復帰に向けて支援をする病棟です。
「在宅復帰支援計画」に基づき、主治医、看護師、リハビリスタッフ、
社会福祉士などが協力して支援を行い、退院を目指します。

回復期リハビリテーション病棟

脳血管障害、骨折、手術などの急性期治療後の1~2ヶ月を回復期といい、
この時期に集中的なリハビリテーションを行うことにより低下した機能を回復させるための病棟です。
単なる身体の機能訓練だけでなく、患者さまとご家族のその後の生活を考慮し、
ご自宅や施設へのスムーズな復帰を目指します。

疾患 病棟に入院
できる期間
1 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷 180日
2 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態 90日
3 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後の状態 90日
4 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後の状態 60日
5 股関節又は膝関節の置換術後の状態 90日

食事・栄養管理

入院中の食事も治療やリハビリの一環です。
当院では医師や管理栄養士、看護師、セラピスト等が
栄養管理の体制や食事計画などについて
定期的に話し合い、日々食事の改善に努めています。
また入院時より管理栄養士が患者さま
お一人おひとりの病状や状態を確認し、
個々に合わせた食事療法の提案や
必要栄養量の評価を行っています。

献立の面では、入院中でも
四季を感じていただけるよう、さまざまな
行事食を提供しています。
特に京都ならではの食文化を伝える取り組みを行い、
由来を書いたメッセージを添えるなどの工夫をして、
毎回ご好評をいただいています。

  • 節分

    節分 普通食

  • 節分全粥

    節分 全粥

  • 京の「おきまり食」(月初めのあずきご飯です。)

    京の「おきまり食」(月初めのあずきご飯です。)

  • 「ゆず茶」(月に1度季節のお茶を提供しています。)

    「ゆず茶」(月に1度季節のお茶を提供しています。)

相談窓口

地域医療機関等との入院・転院等の連絡調整、在宅医療に関するご相談、介護保険や福祉制度に関するご相談等について、
地域連携部のスタッフが対応いたします。

地域連携部直通
0774-53-3505
(9:00~17:00※日祝除く)

pagetop